不動産投資を行うと煩わしい手間がとても多いです。テナントや建物の管理、その他事務作業もある他、メンテナンスなども手配したり、場合によって自分で行ったりなど決して楽ではありません。
よく副業感覚で不動産投資を行っている方もいらっしゃいますが、手に負えず、管理を外部委託されている例も少なくありません。しかし、管理を外部に委託することでその分の費用も捻出しなくてはなりませんので、投資したものの、経費が高くついてしまって収益性が無くなってしまっているということもあるようです。

しかし、実際の不動産投資とは違って、不動産を証券化して投資を行うREITに関してはそういった手間はありません。不動産の売買や運営については経験豊富なプロが行っていますので、投資家による作業の負担はありません。また、運用不動産の稼働状況や収支の状況に関しては定期的に開示しています。投資家は投資法人が運用する不動産の状況をいつでも把握することもできますので、非常に透明性があります。

REITは投資信託になりますので、複数の不動産に対して投資をする形になります。一斉に投資しつつも煩わしい手間が一切ないのもREITの大きな特徴になります。

この記事を読んだあなたには以下の記事がおすすめ!
(参考追記)これからの金融サービスを考えるなら―ベンチャー起業家・高岡壮一郎

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>